小島美佳のスピリチュアル☆ブログ|魂の成長を支える言葉: 魂の成功のために…|自己犠牲は、無条件の愛か?

2017年2月18日土曜日

魂の成功のために…|自己犠牲は、無条件の愛か?


高次の愛についてお伝えしている、こちらのシリーズですが 最初の記事 の反響が少しあって、いくつか質問などいただいています。
こちらを読まれる皆さんの参考にもなると思うので いくつか エッセンスを共有していこうと思います。


さて、無条件の愛、高次の愛という風に聞くと
神がかったエネルギーで、聖人のような人が 美しい光をまとい、人々のために あらゆるものを犠牲にして 身を捧げるようなことをイメージされるかも知れません。

確かにそれは美しい愛の形ではあるのですが … 自己犠牲的なものと、無条件の愛は 異なるものです。


無条件 = 何も期待しない。だから、私は この人に何もされなくても、あるいは 何をされても愛し続けないといけない… という解釈は 大きな誤解です。


何度か説明しているように、高次の愛が持つ波動は喜びの感覚です。
愛が身体からあふれ出てきて、とまらない感じ。前回の記事でも書きましたが、何かを心の底から美しいと思い、感動し、心が豊かになり、そして完全に満たされて気持ちの良い状態になる。このとき、私たちは 愛する対象のものと一体化していて 境界がない。

そんな感覚になった状態を想像してみてください。
その時に自分を犠牲にする … という概念はピンときますか?どちらかというと、喜んで何か差し出しているようなイメージで、そこに犠牲という感覚は定義として存在しない。
前提が合っていないような感じになりますね。


私自身は、自分を 犠牲にして相手のために耐え忍ぶ… という行為そのものは 「高次の愛」に至るためには必要な過程、つまりプロセスだと思います。そのことによって、きっと過去の人生で作ってしまった負債を返し、カルマを解消しているのでしょう。必要なときには、必要です。

しかし、あなたが特定の誰かとの関係性の中で 相手のために ただ我慢耐することばかりが続いている場合。それが「無条件の愛」や「高次の愛」なのだという解釈で自分を犠牲にし続けるのはおかしな話です。

もちろん、その中で 学ぶことはたくさんあるでしょう。
でも、もし高次の愛を本当に知っている人がいたとしたら、自分を犠牲にしなければならない関係に 足を踏み入れることはありません。そもそも、そこには「喜び」がないから、興味が湧かないし、引き寄せません。

皆さんは、今の関係性の中で 相手を愛することで どれだけの喜びを感じていますか?
そちらのほうに目を向けてみましょう。無条件の愛を理由に自分を犠牲にするのは、新たなカルマを生むだけです




スピリチュアルな愛についてもっと知りたい方は こちらが参考になります



愛の苦しみ…その源泉とは?
魂の成長をどうハンドリングするか?
愛することは義務ではない
良いことばかりをしていると起こる苦しみ
なぜ願望が実現しないのか?
高次の魂を持つ皆さんへ (PartI)
高次の魂を持つ皆さんへ (Part II)
高次の魂を持つ皆さんへ(PartⅢ)
高次の魂を持つ皆さんへ(PartⅣ)
魂のランクについて理解する(上)
魂のランクについて理解する(下)
占いで悪いことを言われたら…?
全く癒されない時にはどうすべきか?
高野山で聞いた密教の話
高次の存在の命令には従うべきか?
私のビジョンは正しいのか?
ネガティブな波動との付き合い方
人に与え続けても幸せにはならない
スピリチュアルな世界は私たちを救うか?



*************

◆無料メルマガ配信中(満月に届きます):
その月に関係する女神から、今月の過ごし方についてのアドバイス&おススメ☆スピ情報 http://eepurl.com/S6zcv

◆高次の魂を持つ方々向けの 会員制グループ:
https://synapse.am/contents/monthly/highesttruth

◆小島美佳の鑑定、ヒーリングのお申込みはこちら:
http://mikael5d.blogspot.jp/p/healing-menu.html

0 件のコメント:

コメントを投稿