小島美佳のスピリチュアル☆ブログ|魂の成長を支える言葉: 自分の選択に自信を持つ|魂の成功に不可欠なこと

2017年3月31日金曜日

自分の選択に自信を持つ|魂の成功に不可欠なこと



スピリチュアルな活動をする私たちは、時に 「善」や「正義」を自らの義務と課し、それを追求する時期があります。
成長のため、霊性を高めるため… 苦しい場の中に自分の身を置く。これは、「やりたい」と思っている限り、その活動が魂の糧になりますから、とても良いことだと思います。


・・・


私の個人的な話になりますが、とても修行モードで集中して物事に取り組んでいる時期、 「なんでそんなに自分をいじめるの? そんなことをして何になるの?」 という趣旨のことを言われたことがあります。

スピリチュアルな人間としての自負があると、「自分をいじめる」という言葉は痛いものがありますね。
なんというか、罪悪感が生まれる。自分を愛すること、自分を大切にすることが良いという概念があるからなのでしょう。なんだか間違ったことをやっていたような気持になり、悩みました。

そして、その言葉がしばらく自分の胸の中で小さく痛んでいたあるとき、歌舞伎を観に行く機会がありました。真冬の四谷怪談が演目だったのですが、その時の市川染五郎さんが演じた お岩の迫力に、その時の私自身を肯定するパワーをもらったのです。


その迫力とエネルギーは圧巻で、お岩が美しい顔を失ったときの悲しみが 本当に悲しく美しく、気づくと涙が出ていました。素晴らしい演技でした。
きっと、日々の半端ではない努力の積み重ねがないと この域にはたどり着けないのだな…と思いました。
努力しても届かないかもしれない。でも、努力しないと届くことは決してない世界がある。自分自身を追い込んで稽古をする歌舞伎俳優に「なんでそんなに自分をいじめるの?」と聞く人はいないはずです。


私たちは、人生のどこかの局面で… あるいは、ずっとかもしれませんが 自分の限界を超えるほど何かに集中したいときがあります。一方で、もう少しバランスをとりたいと思う時期もあるでしょう。また、何もやりたくない、徹底的に怠惰な時間を過ごしたいと思うこともある。


どんなことをやっていてもいい。
他人の目から見たらみじめで不幸かもしれない。あるいは、逃げているだけとか、自分をいじめているだけとか… いろいろと言われるかもしれない。スピリチュアルな道から逸れているという指摘を受けるかもしれません。


でも、どんなことをやっていても、「自分自身が選択しているのだ」ということに自信を持てることが大切なのだと思います。
もし、その選択が間違っていたなら、修正すればいいだけ。何度もやり直して、良い状態にもっていけばいい。


皆さんは、自分がしている選択に自信が持てますか?
持てないと感じるのであれば、100% ご自分を肯定してみたらどうでしょう。そうすることで、これまでとは異なる力が湧いてくるのではないか…。そんな風に思います









愛の苦しみ…その源泉とは?
魂の成長をどうハンドリングするか?
愛することは義務ではない
良いことばかりをしていると起こる苦しみ
なぜ願望が実現しないのか?
高次の魂を持つ皆さんへ (PartI)
高次の魂を持つ皆さんへ (Part II)
高次の魂を持つ皆さんへ(PartⅢ)
高次の魂を持つ皆さんへ(PartⅣ)
魂のランクについて理解する(上)
魂のランクについて理解する(下)
占いで悪いことを言われたら…?
全く癒されない時にはどうすべきか?
高野山で聞いた密教の話
高次の存在の命令には従うべきか?
私のビジョンは正しいのか?
ネガティブな波動との付き合い方
人に与え続けても幸せにはならない
スピリチュアルな世界は私たちを救うか?



*************

◆無料メルマガ配信中(満月に届きます):
その月に関係する女神から、今月の過ごし方についてのアドバイス&おススメ☆スピ情報 http://eepurl.com/S6zcv

◆高次の魂を持つ方々向けの 会員制グループ:
https://synapse.am/contents/monthly/highesttruth

◆小島美佳の鑑定、ヒーリングのお申込みはこちら:
http://mikael5d.blogspot.jp/p/healing-menu.html

0 件のコメント:

コメントを投稿