小島美佳の公式ブログ|魂の成長を支える言葉: 強烈な「拒否」の感覚と魂の記憶

2017年4月28日金曜日

強烈な「拒否」の感覚と魂の記憶


私たちの人生は、甘く美しい世界の中に閉じた経験だけで 終わることはありません。


ある聖人の方が言っていました。
もし、自分たちの思うように人生を設計することができたとしたら、全ての出来事が チョコレートのように甘く仕上がるでしょう。でも、私たちの人生を設計するのは私たちではなく 別の存在…シェフなんです。その料理は食べなければならない。最初は なんてまずい!と思ったりします。でも、最後には「あれは、悪くなかったな…」と言うようになるのです


「私はこんなものは一切望んでおりません!!」
と神様に文句を言いたくなる場面もあります。でも、仕方がない。その出来事を変化させることは 難しい。

霊的な道を歩んでいくと、私たちはどこかで 必ず 人間関係の中で。あるいは、自分と向き合う中で「これは駄目!」と心の奥底から叫び声が聞こえてくるような感覚に襲われることがあります。

特に 理由を説明することはできないけれども、とても大きな… 強烈な「拒否」の感覚が湧き上がってくるような状態です。どのような聖人であっても、私は このような状態に陥る穴…というか弱い部分があると思います。



その状況はひとによって まちまちですが、これが同じような境遇で…。そして同じような感覚を引き起こしているのだとしたら、時間をかけてもいいので じっくり料理してみると大きな飛躍のチャンスに巡り合う気がするのです。

これは、まぎれもなく 皆さんの人生で何度か引き起こされているパターン。そして、霊的にこれらのシチュエーションにアクセスすると、拒否の感覚が強ければ強いほど、魂の記憶と密接にこの感情がリンクしています。


魂のランクが高い方の場合は、多くの場合 そうではない存在たちによって傷つけられ、蔑まれ、大切なものも踏みにじられた経験を持っています。そして、この魂のトラウマを持っていることで 自分自身を世に出していくことを拒み、「何かが明らかになる」ことをどこかで恐れています…。


でも、それをやっていると おそらく次の人生でも、まったく同じことを繰り返すことになってしまう。私たちは魂の傷を癒し、自分が奥底で「知っている」知恵と 自分の肉体と、意識を通して何かを体験する、あるいは 智恵を広める活動をしにやってきているから、静かに生きることなどできないはずなのです。(静かに… の定義は様々ですが)



もし、皆さんの中に 強い拒否の感覚が浮上するのだとしたら。
ゆっくりでいい。丁寧に、時間をかけてOK。その拒否の源泉となるものにアクセスしてみましょう。魂の記憶をたどり、そのイベントをもう一度吟味し、じっくり癒しましょう。そうすることで、物事は少しずつ 展開をはじめる。


皆さんが、過去の人生で得ることのできなかった果実を 手にすることが可能となるはずです。








愛の苦しみ…その源泉とは?
魂の成長をどうハンドリングするか?
愛することは義務ではない
良いことばかりをしていると起こる苦しみ
なぜ願望が実現しないのか?
高次の魂を持つ皆さんへ (PartI)
高次の魂を持つ皆さんへ (Part II)
高次の魂を持つ皆さんへ(PartⅢ)
高次の魂を持つ皆さんへ(PartⅣ)
魂のランクについて理解する(上)
魂のランクについて理解する(下)
占いで悪いことを言われたら…?
全く癒されない時にはどうすべきか?
高野山で聞いた密教の話
高次の存在の命令には従うべきか?
私のビジョンは正しいのか?
ネガティブな波動との付き合い方
人に与え続けても幸せにはならない
スピリチュアルな世界は私たちを救うか?



*************

◆無料メルマガ配信中(満月に届きます):
その月に関係する女神から、今月の過ごし方についてのアドバイス&おススメ☆スピ情報 http://eepurl.com/S6zcv

◆高次の魂を持つ方々向けの 会員制グループ:
https://synapse.am/contents/monthly/highesttruth

◆小島美佳の鑑定、ヒーリングのお申込みはこちら:
http://mikael5d.blogspot.jp/p/healing-menu.html

0 件のコメント:

コメントを投稿